表紙で心を掴む

パンフレットの場合、読み手の一番最初に目に入るのが表紙です。

いわゆる、オモテ表紙。印刷的には【表1】といいますが、

表紙がパンフレット全体のイメージや品格が決まります。

 

表紙を構成する要素としては、

【タイトル・物件ロゴ】【画像・イメージ】【表紙の紙質】【加工】などがあります。

画像を含んだインパクトのあるものにするか、

または物件ロゴを強調した品格あるものにするか、

方向性はまちまちです。

 

表紙のパターンはどの物件も決まっていて

物件名だけを差し替え

ブランド化・シリーズ化している場合もあります。

いずれの場合も物件の地域性やコンセプトを反映し

物件に対する期待感を高める工夫が非常に大事です。

 

読み手側はいくつもの企業のいろいろな物件のパンフレットを

相互比較していると考えられます。

その際、物件の特徴を効果的に表し印象に残る高感度な表紙を心がけ

読み手の心を掴むことが大切なのです。