マンションパンフレットの環境

マンションパンフレットの要素の中で
まず取り上げなければならないのは、「環境」です。

購入された方が実際に住むいわゆる「実需型マンション」でも、
資産運用の為の「投資型マンション」にしても周辺環境は非常に重要です。

デベロッパーがマンション用地として購入する際にも
先ずは広域の環境と具体的な立地としての環境が最優先事項です。
その需要な環境をどう読み手である見込み客側にアピールするか
パンフレットの良し悪しを決めるのです。

例えば投資用のマンションの場合、
エリアとしての広域な環境はどうなのか。
都心からの最寄駅までのアクセス、
新宿・渋谷・東京・品川・池袋などのターミナル駅からのアクセス、
近隣の有名企業や有名大学とその数、
住みたい街の上位ランクイン、
または近接エリアなどさまざまな部分を取り上げます。

全国の投資家がパンフレットの読み手となるので、
どちらかというとイメージとして首都圏の「都市感」が重要となります。

実需型の場合、
交通利便性はもちろんですが買い物・学校・公園・公的施設・などの
生活環境が重要なポイントです。

初めて賃貸住宅からマンションを購入される一次取得層の方にとっては
子育てしやすい充実したエリアという事が住宅選びの大きなポイントになります。
街としての住み心地がファミリーマンションの重要な要素になります。

生活環境の充実度が実需用マンションパンフレットの肝なのです。